就活劇|体験ガチアドバイスブログ

就活劇|体験ガチアドバイスブログ

面接対策のために日ごろからニュースを見ておく

就職活動をしていると必ず採用面接を受ける事になりますけど、その面接対策として日ごろからニュースを見ておく事が必要になってきます。最近の面接での特徴にニュースに関する質問をされる事があります。

 

 

多くが最近起こったニュースに関する事であったり、数年以内に起こった大きなニュースであったりしますけどこれらにうまく答える事ができないと世間に関心がない、向上心がないと評価される恐れがありますのできちんと答えるようにしなければならないです。
そのためには日ごろからニュースを見て、どのニュースに関する質問でも答えられるようにしていく事が必要です。また、数年以内に起こった大きな出来事についてもきちんと調べて把握しておく必要があります。

 

 

特に、自分が就職面接を受けている企業に関係のある分野でのニュースが出題される事も多いですので関係のある分野のニュースはこまめに把握しておく事が必要です。もし、テレビでニュース番組が見れない場合は、新聞やインターネットで毎日ニュースを確認していくようにすると把握する事が出来ますので利用します。

 

役立つ転職サイト 発見!

【PR】看護師バイト完全navi

 

2014/07/05 13:13:05 |

就活で成功するかどうかのポイントは面接にあります。
当然一番大切なのは、面接での受け答えの内容です。そこでしっかり自己アピールできるかがポイントになります。
ただし、その内容も、話す側が傍若無人で礼儀知らずだとすると、どんなにいい内容でも間違いなく落とされます。
ですので、内容もさることながら、面接に臨んだ時の、マナー(礼)をしっかり実践することが、まずは基本的なハードルをクリアするこちにつながります。
就活生の場合、そのような社会的なマナーを実践する機会が少ないと思いますので、基本的なことではありますが、ここで説明しておきます。

 

1 面接の最初にはまずお礼を

面接の際には立ったままで「●●と申します。本日はお忙しい中、お時間を取っていただいてありがとうございます」といって、面接官から座るように言われてから座りましょう

 

2 面接終了後にもお礼を言う

面接官に「以上です」と言われたら、彩度「本日はお時間を取っていただいてありがとうございました」と立ってお礼を言いましょう。

 

3 受付でのお礼も忘れずに

会社によっては、受付での態度を受付の担当者に後で確認して合否の参考にしているところもあります。受付の段階から面接は始まっていると思って、入る時、帰る時、必ず受付の人にも挨拶をしましょう。

 

以上基本的なポイントでした。これを踏まえて、内定がゲットできるように頑張りましょう。

2014/06/19 15:49:19 |

就職活動する前に把握しておきたい事が、就職活動では面接が非常に重要になってくるという事です。面接は企業側が貴方の事を良く知る重要な手掛かりになるものですし、直接あなたを見たり、質問したりする事ができてあなたの事がある程度分かります。

それらを採用する時には重要な材料にしていますので、面接の出来が採用に大きく影響してくる事になってしまいます。
面接でいかに自分の良さを出せるのか、失敗しないのかは重要になってきます。

 

そこで、初めて就職活動する人は面接関係の本を書店で購入してしっかり読んでいきます。面接の対処本というのは書店で販売していますし、その本には面接でのマナーの事であったり、よく質問されることだったり、面接を成功させるために必要な事が沢山載っています。これらをすべて理解する事によって確実に面接を成功させる確率が上がってきますので、必ず読んで面接で必要な事を理解していく事にします。
また、ただ読むだけでなくてしっかりと理解しておく事も必要です。面接試験の一週間前になると面接の本を毎日読んでいくようにします。

2014/06/19 15:48:19 |

就職活動につきものなのが面接ですよね。どんな企業の選考にも、面接は必ずあるものだろうと思います。
私自身数々の面接を受けてきて、その度に面接は難しいなあと感じました。面接は直接面接官と受験者がコミュニケーションを取る場であり、人と人とが接しますのでなかなか予想通りにはいかないものです。だからこそ、それなりに対策も必要です。

 

 

私の場合ひどいあがり症で、面接室に入って物凄く緊張してしまい面接官に心配されることもあったくらいです。この性質のせいで失敗することもあり、何度も「何でこんな性格なのだろう」と悩むこともありました。

 

 

多くの人が面接において緊張する物だろうと思いますが、緊張は本当に誰でも起こりうるものです。人によって強さ弱さはありますが、面接と言う非日常の中で緊張しない人の方がむしろ少ない位だろうと思います。
面接でたとえ緊張してしまって失敗してしまってもそこまで落ち込まなくて大丈夫ですし、緊張したらどうしようと面接前に心配しなくても大丈夫です。たとえ緊張してしまっても大丈夫と言う気持ちで就職活動に取り組むと、気持ちも楽になりますよ。

2014/06/19 15:46:19 |

日本の雇用環境も長らくのデフレ時代が続き随分変わりました。特に戦後経済成長の特徴の一つと言われた終身雇用制度がグローバル化の荒波を受けて、今や崩壊の危機に瀕していることは残念でなりません。そこで就職活動も一つ趣を変えて見てほしいことがあります。

 


自分の好きな仕事(職人的)を見つけることです。自分の人生や生きがいを中心線にして生きている人が多くいることに目を向けて欲しいのです。
はっと驚かされたことが最近ありましたのは、この世の中にはこんなにも多くの仕事があるのかという事実です。仕事の種類は種種雑多ですから、いまくいけばそこそこの高収入を得られる仕事もありますが、一方ではどんなに頑張っても経済的にはあまり期待できないものもあります。

 

 

しかし職人の道についている人達、あるいはその道を追い求めている人達は、「これが自分達がやりたかった仕事」と信じ、生き生きと働いています。働くということは、自分と家族の生活を守るという大きな目標がありますが、決してこれだけではないということです。
仕事が楽しい、社会や人の為に役立っていることでの働き甲斐です。従ってこういう時代だからこそ敢えて職人的な道に挑戦してくれることを願っています。"