自分が好きな仕事(職人的)を見つける

自分が好きな仕事(職人的)を見つける

日本の雇用環境も長らくのデフレ時代が続き随分変わりました。特に戦後経済成長の特徴の一つと言われた終身雇用制度がグローバル化の荒波を受けて、今や崩壊の危機に瀕していることは残念でなりません。そこで就職活動も一つ趣を変えて見てほしいことがあります。

 


自分の好きな仕事(職人的)を見つけることです。自分の人生や生きがいを中心線にして生きている人が多くいることに目を向けて欲しいのです。
はっと驚かされたことが最近ありましたのは、この世の中にはこんなにも多くの仕事があるのかという事実です。仕事の種類は種種雑多ですから、いまくいけばそこそこの高収入を得られる仕事もありますが、一方ではどんなに頑張っても経済的にはあまり期待できないものもあります。

 

 

しかし職人の道についている人達、あるいはその道を追い求めている人達は、「これが自分達がやりたかった仕事」と信じ、生き生きと働いています。働くということは、自分と家族の生活を守るという大きな目標がありますが、決してこれだけではないということです。
仕事が楽しい、社会や人の為に役立っていることでの働き甲斐です。従ってこういう時代だからこそ敢えて職人的な道に挑戦してくれることを願っています。"